-福岡発、映画、ドラマ、トレンド情報の発信源!-

愛★Media Show

映画

映画ゴッホとヘレーネの森あらすじネタバレ!試写会感想/評判や前売り特典を紹介!

更新日:

 

今回は映画「ゴッホとヘレーネの森」です。

 

美術史の中、偉大な画家の1人に挙げられるフィンセント・ファン・ゴッホ。皆さんはゴッホの名前から何を連想しますか。世界的名画である「ひまわり」、それとも耳を削いだ画家、または不遇の画家でしょうか。

 

上野の森美術館で2019年10月11日から始まる「ゴッホ展」に合わせて公開される本作は、今までと違った視点でゴッホに迫っているドキュメンタリー映画です。

 

本作は彼の新たな一面を見せてくれるはずです。では映画「ゴッホとヘレーネの森」のあらすじ、ネタバレ、試写会感想や評判、前売券特典などを詳しく紹介してきます

 

映画ゴッホとヘレーネの森のwiki情報

映画「ゴッホとヘレーネの森  クレラー・ミュラー美術館の至宝」
公開日:2019年10月25日(金) から新宿武蔵野館ほか全国で公開
解説役・・・マルコ・ゴルディン
ガイド役・・・ヴァレリア・ブルーニ・テデス
監督:ジョヴァンニ・ピスカーリオ
脚本:マッテオ・モネータ
音楽:レモ・アンツォヴィーノ
英題:VAN GOGH - OF WHEAT FIELDS AND CLOUDED SKIES
配給:アルバトロス・フィルム

 

 

映画ゴッホとヘレーネの森の原作やあらすじネタバレ情報!

 

映画「ゴッホとヘレーネの森」は原作がなく、脚本家のマッテオ・モネータさんによるオリジナルドキュメンタリー作品です。

 

ゴッホは1853年にオランダで生まれます。そして1890年37歳の時、ピストルで自らの命を絶ちました

 

画家としてはわずか10年間しか創作活動をしていない彼は、画家として生前だけでなく死後も無名の存在でした。

 

この映画は無名だったゴッホの絵画に魅了された1人の女性ヘレーネ・クレラー=ミュラーの目を通して、今までと違った視点からゴッホの生涯や作品に迫るアートドキュメンタリーです。

 

 

では、ヘレーネ・クレラー=ミュラーについて見ていきましょう。

 

オランダ有数の資産家であったヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)は、子供たちと一緒に通っていた日曜教室でヘンク・ブレマーと出会います。

 

そして画家で美術評論家、教師でもあったブレマーの影響で1906年頃から美術収集に目覚めます。

 

ゴッホの絵画に魅了された彼女は 、個人収集家として最大規模となる約300点(油彩は85点)のゴッホ作品を収集します。

 

そしてヘレーネは美術館を作ることを計画しますが、金銭的な面から断念します。しかし美術館を作ることを諦めきれなかったヘレーネは美術館の建設を条件とし、別荘の庭とコレクションをオランダに寄贈します。

 

1938年オランダのオッテルロー村に国立美術館「クレラー=ミュラー美術館」が完成し、一般公開が始まります。ヘレーネは初代館長として就任し、夢を叶えました。

 

「クレラー=ミュラー美術館」は、ゴッホ作品の収蔵では世界第2位です。

 

1885年の作品「じゃがいもを食べる人々」や1887年の作品「4本の切ったひまわり」、 1888年の作品「アルルの跳ね橋」、1888年の作品「夜のカフェテラス」、 1890年の作品「糸杉と星の見える道」などゴッホの代表作を見ることができます。

 

私が手軽に楽しめるゴッホの商品をご紹介します。

 

あまり絵画に興味ない子供でも、「夜のカフェテラス」のジグソーパズルなら楽しんで取り組めるかも?

 

 

またポストカードなら値段もお手頃で、ゴッホの晩年の作品である「糸杉と星の見える道」などお気に入りの作品が見つかるはず。私も今までの印象と違うゴッホに触れることができました。

 

 

さらに短い画家生活の中で日本の浮世絵に強く惹かれていたゴッホ。ニューヨーク近代美術館に勤務した後、2002年からフリーのキュレーターとして活躍する原田マハさんの「ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯」はお薦めです!

 

 

最後にご紹介するのは王道の画集です。これは見逃せません。

 

 

他にもスマホケースや変わったところではカウスボタンなどもあり、私もテンションが高めになりました。

 

映画ゴッホとヘレーネの森のキャストや主題歌/音楽をご紹介!

 

それではこの映画キャストをご紹介していきます。映画のコンセプトがアートドキュメンタリーのため、キャスト数が通常映画よりも少ないのが特徴です。

 

マルコ・ゴルディン/監修・解説

 

本作の監修と作品の解説役を務めるのは、ゴッホ研究の第一人者マルコ・ゴルディンさんです。また「ファン・ゴッホ 麦と空の間に」展などのキュレーターとしても活躍しています。

 

ヴァレリア・ブルーニ・テデス/案内役

 

ガイド役は、ヨーロッパの女優であるヴァレリア・ブルーニ・テデスさん!

 

 

 

彼女は「人間の値打ち」「歓びのトスカーナ」など様々な作品に出演しています。

 

歓びのトスカーナDVDはこちら↓

 

レモ・アンツォヴィーノ/音楽

 

主題歌などの音楽は作曲家でピアニストのレモ・アンツォヴィーノさんが担当しました。

 

 

 

彼は映画音楽やテレビ番組のサウンドトラック、CM音楽など60曲以上を作り、幅広く活躍しています。彼は独創性、革新的曲調で注目されています。

 

2019年公開された映画「ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」の音楽も担当し、イタリア映画記者組合が選ぶ映画賞「ナストロ・ダルジェント賞」(銀のリボン賞)を受賞しました。

 

レモ・アンツォヴィーノ Remo Anzovino: Nocturne CD
created by Rinker

 

映画ゴッホとヘレーネの森の試写会の感想や評価が気になる!

 

2019年8月現在、公式情報から試写会情報を確認できませんが、皆さん映画への期待が高まっているようです。

 

 

公開まで時間があるのに、私もソワソワしています。

 

 

私も色々欲しくて悩んでいるので、その気持ち分かります。

 

 

「クレラー=ミュラー美術館」に行かれたのですね。羨ましいー!

 

 

この秋は、ゴッホの話題から目が離せません!

 

映画ゴッホとヘレーネの森の予告動画の感想や前売り特典をご紹介!

 

予告動画は今のところ公開されていません。

 

しかしながら、公式サイトではビジュアルと数枚の写真が公開されています。

 

 

「世界ではじめて、ゴッホに恋したー」のフレーズ…心に響きますよね。さらにゴッホやヘレーネの手紙も公開され、2人の人間性が垣間見れそうで期待に胸が躍ります。

 

映画の前売り券の販売、前売券特典についても今のところ未定です。映画の公式ホームページに公開されるのを待ちましょう。

 

映画の公式ホームページはこちら↓

 

映画ゴッホとヘレーネの森の日本公開日はいつ?

 

映画『ゴッホとヘレーネの森  クレラー・ミュラー美術館の至宝』が、2019年10月25日(金)に新宿武蔵野館ほか全国で公開されます

 

そして映画公開とリンクして始まる「ゴッホ展」。

 

東京の上野の森美術館では2019年10月11日(金)から2020年1月13日(月・祝)まで、そして兵庫県立美術館は2020年1月25日(土)から3月29日(日)までとなっています。

 

「ゴッホ展」の公式サイトはこちら↓

 

本日のまとめ!

 

1人の画家を掘り下げている本作。

 

それだけでも贅沢なのに、さらにゴッホの絵画に恋をした個人コレクターであるヘレーネ・クレラー=ミュラーの目を通してのドキュメンタリー。

 

今から公開が楽しみです。本作を見てから、絵画展に足を運ぼうと考えている私です。

-映画
-, , , , , ,

Copyright© 愛★Media Show , 2019 All Rights Reserved.