-福岡発、映画、ドラマ、トレンド情報の発信源!-

愛★Media Show

FOD ドラマ

ドラマ小説王あらすじネタバレ!見逃しフル動画を全話無料で見れるアプリ紹介!

投稿日:

 

GENERATIONS 白濱亜嵐出演!2019年放送のドラマ『小説王』!

 

活字離れ、出版不況といわれる今の時代に活路を見出そうと1人の小説家が挑む!本記事では、ネタバレやキャスト、口コミや配信状況をご紹介します。

 

ドラマ小説王のwiki情報!

タイトル:小説王
原作:早見和真『小説王』
脚本:小山正太 ひかわかよ
演出:水田成英 品田俊介 本間利幸 濱弘大
キャスト:白濱亜嵐 小柳友 桜庭ななみ 小野ゆり子 西岡德馬 ほか

 

 

今回ご紹介する作品は『小説王』です!

 

かつて新人賞を獲得したもののその後鳴かず飛ばずとなった小説家が、冷え切ってしまった出版業界に挑んでいくエンターテインメント作品となっています!

 

主演は白濱亜嵐さん!

 

原作者は『イノセント・デイズ』『ひゃくはち』などを発表した早見和真さんです!

 

では、一体どんな作品になっているのでしょうか……?早速チェックしていきましょう

 

 

ドラマ小説王の原作やあらすじネタバレを紹介!

 

原作は2016年5月に発表された『小説王』です。著者は早見和真さん!

 

 

早見さんは、神奈川県横浜市生まれ。

 

高校時代は桐蔭学園高等学校の野球部だったそうで、2年上の先輩に巨人の元監督、高橋由伸さんがいらっしゃったそうです!

 

意外な繋がりですよね!

 

同じ高校ということもあって、早見さんは高橋さんが監督を務めていた2016年に巨人のキャンプを取材

 

その時の様子を記事にしています。

 

(記事はこちらから↓)

 

 

早見さんは小説家としてだけではなく、ライターとしても素晴らしいスキルがある方なんですね!

 

そんな早見さんは自らの高校時代の経験を元に、野球部の補欠部員が主人公の小説『ひゃくはち』を執筆し、2008年に小説家デビューします。

 

 

ちなみに『ひゃくはち』は俳優の斎藤嘉樹さん主演で同年に映画化されています!

 

(映画『ひゃくはち』のDVDはこちら↓)

 

また、2015年には小説『イノセント・デイズ』第68回日本推理作家協会賞を受賞!

 

今後も活躍が期待できそうですね

 

 

それでは早速、ドラマ『小説王』あらすじネタバレしていきたいと思います!

 

「空白のメソッド」という作品で華麗なデビューを飾った、小説家の吉田豊隆

 

しかし、その後は鳴かず飛ばずで『一発屋』状態になってしまいます……

 

出版社に新作を持ち込みますが上手くいかず、アルバイト先のファミリーレストランでは「元小説家先生」と馬鹿にされる始末。

 

一方で、幼馴染の小柳俊太郎大手出版社の社員として働いていました。

 

出版社の文芸部に配属された小柳でしたが、働いていくうちに「小説は売れない」という現実を突きつけられてしまいます。

 

そんな中、小柳は編集長から大御所作家である内山光紀との打ち合わせに参加するように言われます。

 

内山から「どのような本を作りたいか」と聞かれた小柳は「吉田豊隆という作家と仕事がしたい」と答えます。

 

吉田と小説を作るために出版社に入ったが、今どこにいるのか分からない」という小柳。

 

すると、内山は「本当に小説を作りたいなら、吉田を今すぐ連れてこい」と言い始めます。

 

一方で吉田は既に自信を無くしてしまっており「もう小説家は辞める」と自暴自棄に。

 

しかし、そんな中小柳と19年ぶりに再会。

 

子供の頃に読んだ「感動するような小説を作ろう」と再び立ち上がります!

 

果たして、二人は希望通りの小説を完成させることが出来るんでしょうか……!

 

 

ドラマ小説王のDVDや動画の配信状況!

 

『小説王』はどうやって見れるのか、DVDの発売状況動画配信サービスの配信状況を確認しました!

 

最初に『小説王』配信状況を調べてみました!

 

現在10以上の動画配信サービスがありますが、『小説王』が見られるのはFODだけです!

 

『小説王』が気になる!すぐに観たい!という方は、是非FODご覧になってみて下さい

 

『小説王』独占配信!
FODの詳細はこちら↓

また『小説王』DVD情報ですが、今のところ公式サイトでは発表されていないようです。

 

今後の追加情報に期待しましょう!

 

ドラマ『小説王』をご覧になりたい方は、FODを是非利用してみて下さい

 

ドラマ小説王の全話フル動画を無料で見れるアプリ紹介!

 

 

 

ドラマ小説王のキャストや主題歌/音楽を紹介!

 

それでは『小説王』キャストを見ていきましょう!

 

吉田豊隆役:白濱亜嵐

 

主演は白濱亜嵐さん!

 

 

白濱さんは愛媛県松山市生まれ。EXILEのメンバーとして活躍しています。

 

EXILEといえば、アクロバティックなダンスとヒット曲を量産している人気グループ

 

最近では、他のメンバーの方も映画やドラマに出演されていますよね。

 

また、白濱さんはGENERATIONSとしても活動しており、今大注目の若手アーティストなんです!

 

他にも『GTO』『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』に出演。

 

(DVD『GTO』はこちら↓)

 

ダンスだけでなく、演技にも力を入れている白濱さん。

 

今回、苦労が絶えない小説家として、また主役としてどんな演技を見せてくれるのか注目です!

 

小柳俊太郎役:小柳友

 

つづいて小柳友さん!

 

 

小柳さんは東京都出身。父親はなんとブラザートムさんです!

 

小柳さんは2006年に映画『タイヨウのうた』でデビューしています。

 

(DVD『タイヨウのうた』はこちら↓)

タイヨウのうた スタンダード・エディション

 

そして、実は大人気バンドONE OK ROCKのドラムとして活動していた時期があったそうなんです!

 

2005年からメンバーとして活動していたそうですが、翌年に俳優の道に進むために脱退したとのこと。

 

現在は若手俳優として活動しており、『ハナミズキ』『アオハライド』に出演しています。

 

今回は出版社に勤務している主人公の幼馴染という役柄。2人でタッグを組んで出版業界を動かしていきます。

 

佐倉晴子役:桜庭ななみ

 

次に、桜庭ななみさん!

 

 

桜庭さんは鹿児島生まれ。

 

鹿児島にてスカウトされ、2007年に芸能界入りします!

 

翌年栞と紙魚子の怪奇事件簿でデビューし、現在まで精力的に活動しています。

 

代表作は、映画『謎解きはディナーのあとで』や、大河ドラマ『西郷どん』など。

 

(大河ドラマ『西郷どん』DVDはこちら↓)

 

今回は文壇バーの店員、そして吉田のファンという役柄。

 

主人公とどのような関係になっていくんでしょうか……!そちらも見どころの1つですね!

 

小柳美咲役:小野ゆり子

 

つづいて、小野ゆり子さん!

 

 

小野さんは東京都出身。

 

元々、モデルとして活動していたそうですが、2009年に俳優業にも挑戦

 

最近では『最高の離婚』『家売るオンナ』などに出演しました。

 

(DVD『家売るオンナ』はこちら↓)

 

また、小野さんは2012年に俳優大森南朋さんと結婚しており、現在はお子さんが1人いるとのことです。

 

今回は小柳の妻、小柳美咲を演じます。劇中では夫婦の中が不穏な様子も……一体どうなるんでしょうか!?

 

内山光紀役:西岡德馬

 

次に、西岡德馬さん!

 

 

西岡さんといえば、ミステリードラマの常連

 

また、映画『神様のカルテ』『過保護のカホコ』にも出演されています。

 

(ドラマ『過保護のカホコ』DVDはこちら↓)

 

西岡さんはヤクザ役から警官役まで幅広くこなす俳優さんですが、最近ではバラエティ番組にも出演され、お笑い芸人と一緒にネタをやったり、ネタを完コピして披露したりと可愛らしい一面も。

 

ますます目が離せない俳優さんです!

 

 

つづいて主題歌の情報に参りましょう!

 

主題歌を担当するのは『BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE』

 

 

タイトルは『テンハネ -1000%-』です!

 

(CD『テンハネ -1000%-』はこちら↓)

 

ヒップホップ調の盛り上がる曲となっていますので、皆さんぜひチェックしてみて下さい!

 

 

ドラマ小説王の感想や評判が気になる!

 

それでは『小説王』感想、評判を聞いてみましょう!

 

 

ドラマで使われている曲が、物語の中で良い味を出しているようです!演技やストーリーだけでなく、使用されている曲も要チェックですね!

 

 

こちらの方は原作も読了したとのこと。小説を読んでからドラマを観れば、ストーリーや展開の違いなどを比較しながら2倍楽しむことが出来ますね!

 

https://twitter.com/shirahamaaaalan/status/1145724059583275008

 

最終回は感動のラストとのこと。白濱さんのファンの方も納得のご様子です!一体どんな展開になるんでしょうか……!

 

 

このドラマの魅力は「とにかく熱い」こと!出版業界やそこで働く人々に揉まれながらも、なんとか立ち向かおうという姿勢に、観ている側も感情移入してしまいます。

 

 

一心に突き進んでいく主人公の姿に心打たれた方もいるようです。また、小説家と編集者という「相棒」ともいえる関係性にも注目ですね!

 

本日のまとめ!

 

今回はドラマ『小説王』をご紹介しました!

 

出版の世界に興味のある方キャストのファンの方、そしてこの記事を読んで興味を持った!という方は是非FODでご覧になってみて下さい!

 

『小説王』独占配信!
FODの詳細はこちら↓

-FOD, ドラマ

Copyright© 愛★Media Show , 2019 All Rights Reserved.