-福岡発、映画、ドラマ、トレンド情報の発信源!-

愛★Media Show

VOD 映画

映画サムライマラソン原作やネタバレ!見逃しフル動画を無料で見れるアプリ紹介

更新日:

 

日本で行われた最初のマラソン「安政遠足」。優勝すれば願いが叶えられると聞いた夢のマラソンが、なんと”勝つ”ためではなく、”守る”ために走ることになる?!

 

「行きはマラソン、帰りは戦」藩の存亡、皆を守るための命をかけた戦いはどうなるのでしょうか?!注目です!

 

本記事では、映画『サムライマラソン』のあらすじ(ネタバレ)や評価/感想、DVDや動画の配信情報など情報満載でご紹介します。

 

映画サムライマラソンwiki情報

・作品名:サムライマラソン
・監督:バーナード・ローズ
・脚本:斉藤ひろし/バーナード・ローズ/山岸きくみ
・キャスト:
唐沢甚内/佐藤健
雪姫/小松菜奈
辻村平九郎/森山未來
上杉幸之進/染谷将太
植木義邦/青木崇高
隼/木幡竜
三郎/小関裕太
百瀬仁左衛門/深水元基
岡島東吾/カトウシンスケ
柿崎数馬/岩永ジョーイ
福本伊助/若林瑠海
栗田又衛門/竹中直人
福本清/筒井真理子
結衣/門脇麦
志織/阿部純子
みすず/奈緒
田中安兵衛/関口まなと
矢野文蔵/奥野瑛太
小次郎/福崎那由他
島本/内田勝正
藤井/中川大志
ペリー提督/ダニーヒューストン
五百鬼祐虎/豊川悦司
板倉勝明/長谷川博己
・原作:土橋章宏
・主題歌:フィリップ・グラス
・公開日:2019年2月22日

 

 

今回作品の監督を務めたのは、バーナード・ローズ監督。バーナード・ローズ監督は、イギリスの映画監督で脚本家です。『マネー・ウォーズ』で長編映画監督デビューを果たします。作品には『キャンディマン』のようなホラー映画から、『不滅の恋/ベートーヴェン』のようなドラマ映画まで幅広い映画を撮っています。

 

脚本を務めたのが、バーナード・ローズ監督と斉藤ひろしさんと山岸きくみさんです。

 

斉藤ひろしさんの作品には、『チームバチスタの栄光』や『余命一ヶ月の花嫁』などがあり、1991年公開の『遊びの時間は終わらない』で劇場用映画の脚本家デビューをしました。

 

また山岸きくみさんの作品には、『座頭市THE LAST』や『喰女クイメ』など、数々の作品に携わっています。舞台、ドラマ、映画などを手掛け、『誰にもあげない』で小説デビューをしました。

 

では、映画『サムライマラソン』について調査してみましたのでご紹介致します!!

 

 

映画サムライマラソンの原作やあらすじネタバレを紹介!

 

原作は、土橋章宏さんの小説『幕末まらそん侍』です。

 

幕末まらそん侍 / 土橋章宏 【本】

 

原作では、実際に記録として残っている安政の遠足(日本で最初のマラソンと言われています)を題材としている連作短編集です。章ごとに主人公が異なっていて、それぞれが”走る”ということに対しての人間ドラマを模様した作品になっています。

 

映画では、走ることを映像で表現するのはとても難しそうですが、監督のコメントです。

 

サイレント映画を撮るように、俳優のフィジカルな身体的表現力と映像の力を最大限に生かした作品作りをしたことで、映像で物語る、映画本来のアプローチによる力強い作品になりました。(転載元:https://gaga.ne.jp/SAMURAIMARATHON/)

 

 

どのような内容、映像になっているのでしょうか?!とっても気になります!それでは早速、気になるあらすじ(ネタバレ)をご紹介します。

 

時は1855年の幕末。幕府大老の五百鬼祐虎(いおきすけとら/豊川悦司)は黒船でアメリカから来た総監ペリー(ダニー・ヒューストン)と面談し、和親条約という名の開国を迫られます。

 

安中藩主の板倉勝明(いたくらかつあき/長谷川博己)はアメリカは平和を唱えているが、日本への侵略が目的だと疑っていました。

 

なので、国と藩を守るため、藩士たちの体を鍛錬するために、日本でマラソンの起源とされる「安政遠足」が行われました。

 

「優勝者にはどんな願いも叶えられる」と聞いた藩士たちは色めき立ちます。そんな中、勝明の娘、雪姫(小松菜奈)が傲慢な辻村平九郎(つじむらへいくろう/森山未來)を婿にとって藩を治めるように命じられ、逃げ出すため城を抜け出します。

 

城下の人々の間で誰が一着になるか賭けが始まり、藩で一番早いのは上杉広之進(うえすぎひろのしん/染谷将太)だと誰もが知っていました。だが上杉は、留吉に茶屋で「1着にならなければ10両渡す」と八百長を持ち掛けられ、1着とお金と、どちらをとるか悩みます。

 

江戸城では、安中藩にとって絶体絶命の指令が下されていました。以前から勝明を警戒していた五百鬼が、安中藩の遠足を”謀反の動き”と見て、アメリカの最新式の銃を携えた刺客を放ったのです。

 

五百鬼の企みに気付いた男、唐沢甚内(からさわじんない/佐藤健)は安中藩に仕える勘定方は仮の姿で、実は代々幕府の隠密としての不穏な動きなどを報告する役目を負っていました。

 

藩の上司の植木義邦(うえきよしくに/青木崇高)にも、妻の結衣(門脇麦)にも打ち明けてはならない秘密だったのです。

 

それぞれの思いを抱かえた参加者たちが集まります。どうしても娶りたい雪姫は消えたが、虚栄心から不正をしてでも1番を取りたい辻村。守衛番を解雇された栗田又衛門(くりたまたえもん/竹中直人)は最後にひと花咲かそうと、亡き親友の幼い息子と出場し、そして遠足に乗じて江戸まで行こうと計画して男装に身を隠した雪姫がいました。

 

太鼓の音が響き飛び出す藩士たち。だが刺客たちも到着し、まず関所が襲撃されます。幕府か藩。揺れるなか甚内は仲間たちに危機を告げ、一刻も早く城へ戻ろうと全力で走り始めるー。果たして甚内は大切なものを守れるのか?!

 

「安政遠足」の中では様々な人間模様が垣間見れそうですね!!見どころ満載です!

 

 

映画サムライマラソンのキャストや主題歌/音楽をご紹介!

 

それでは早速気になるキャストのご紹介をします。

 

唐沢甚内/佐藤健

 

 

今回、唐沢甚内役を務める佐藤健さん。デビュー作はドラマ『プリンセス・プリンセスD』。大ヒット作『仮面ライダー電王』で主役を演じました。その後も数々の大ヒット作があり、『ROOKIES-卒業-』や『いぬやしき』などにも出演しています。

 

8年越しの花嫁 奇跡の実話』では、第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。2012年に公開された映画『るろうに剣心』で主演を務め、大ヒットを記録しています。幅広い演技に今後も大注目です!

 

 

雪姫/小松菜奈

 

 

08年よりモデルとして雑誌を中心に活動していて、PV、CMなど数多くの作品に出演している小松菜奈さん。映画『渇き』でスクリーンデビューを飾り、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、多数の新人賞を受賞。その後『バクマン』『溺れるナイフ』などたくさんの作品に出演しています。

 

また16年には、あのマーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』でハリウッド映画デビューを果たします。

 

 

辻村平九郎/森山未來

 

 

 

演劇、映像、パフォーミングアーツなどのカテゴライズに縛られない表現者の森山未來さん。出演作品には、映画『世界の中心で愛を叫ぶ』や『北のカナリアたち』『人類資金』『怒り』などがあります。

 

2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演。森山さんは表現者というの名通り色々な演技を演じ、見ている側に期待感を膨らませてくれる俳優さんです。今回の傲慢な辻村平九郎役にも注目です!

 

 

上杉広之進/染谷将太

 

 

 

染谷将太さんは、2009年『パンドラの匣』で長編映画初出演。『ヒミズ』では第68回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を日本人として初受賞。同作と『悪の教典』で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞します。

 

他にも、『永遠の0』や『寄生獣』など多くの作品に出演。とても評価の高い俳優さんだと思います。これからの活躍にも期待が高まりますね。

 

 

植木義邦/青木崇高

 

 

バトル・ロワイヤルⅡ 鎮魂歌』で本格的映画デビューした青木崇高さん。その後、『海猿ウミザル』『るろうに剣心』『沈黙-サイレンス-』など、たくさんの作品に出演されています。また、ドキュメンタリー番組『セブンルール』(EX)ではメインパーソナリティを務めており、活躍の幅は多方面です。

 

今回の役、植木義邦は甚内の上司役とのことですが、一体どんな役なのでしょうか、気になりますね。

 

 

栗田又衛門/竹中直人

 

 

 

ドラマや映画、舞台など幅広く活躍されている竹中直人さん。竹中さんは劇団青年座に入団後、『ザ・テレビ演芸』(EX)でコメディアンとしてデビューしました。映画『無能の人』で初監督を務め、これまで7作を監督されています。

 

日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を『シコふんじゃった』『EAST MEETS WEST』『shall we ダンス?』の3作品で受賞。その他、『ウォーターボーイズ』『のだめカンタービレ』シリーズなどがあります。また音楽、文筆、絵画など多才な才能を発揮し続けています。

 

コミカルな演技からシリアスな演技まで目が離せない俳優さんですね。

 

 

五百鬼祐虎/豊川悦司

 

 

3-4×10月』で注目され、翌年『12人の優しい日本人』で本格的にデビューした豊川悦司さん。『きらきらひかる』や『課長島耕作』に出演し、第16回日本アカデミー賞新人俳優賞のほか、数々の作品で映画賞を受賞しています。

 

人気、実力ともに日本を代表する俳優さんです。近年の映画出演作に『後妻業の女』『のみとり侍』など話題作に多数出演しています。

 

 

板倉勝明/長谷川博己

 

 

多くの舞台で活躍しながら、2011年『セカンドバージン』で映画デビューした長谷川博己さん。同作で第35回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞します。その後も『舞妓はレディ』や『ラブ&ピース』『進撃の巨人』など数多くの作品に出演しています。

 

大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』では、第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞されています。これからの活躍がますます楽しみです!

 

 

大人数で、掲載出来なかったキャストの方ですが、木幡竜さん、小関裕太さん、深水基樹さん、カトウシンスケさん、岩永ジョーイさん、若林瑠海さん、筒井真理子さん、門脇麦さん、阿部純子さん、奈緒さん、関口まなとさん、奥野栄太さん、福崎那由他さん、内田勝正さん、中川大志さん、ダニーヒューストンさんが出演されています。

 

音楽担当:フィリップグラス

 

アメリカ出身で、先例のない独創的な世界観でオペラや交響曲、アンサンブル作品の数々を作曲しているフィリップグラス。幅広いアーティストとコラボレーションし、世界的に多大な影響を与えてきました。

 

アカデミー作曲賞にも『クンドゥン』『めぐりあう時間たち』『あるスキャンダルの覚え書き』の3作品でノミネートされるなど、常に高い評価を得ています。他に『トゥルーマン・ショー』『ファンタスティック・フォー』などがあります。

 

他にもTwitterにはこんな声もあります。

 

 

体が硬直するほど衝撃をうけるのでしょうか?!

 

 

映画も然り、クラシック界でも活躍されています。そんなフィリップグラスさんの音楽にも注目です!

 

 

映画サムライマラソンの感想や評判が気になる!

 

ここからは、映画『サムライマラソ』の感想や評価についてご紹介したいと思います!

 

 

緊迫感が伝わってくるようですね。サムライ映画が世界へ進出です!

 

 

歴史に詳しくなくても観やすいのは良いですね♪

 

 

 

”ハードな展開”にますます期待が膨らみます!

 

 

物語、映像と最初から最後まで目が離せません!

 

 

そもそも黒船が来なかったらまた違う日本があったのか?と思うと考えさせられますね。

 

 

映画を観に行かれた方のツイッターには、「すごく観易かった」「良い意味で期待を裏切られた」など、とても期待が膨らむ声が多かったです。早く観たくなりますね♪

 

こちらが公式サイトです↓

 

映画『サムライマラソン』のDVDや動画の配信状況!

 

こちらは、映画『サムライマラソン』の予告動画です。 

 

予告動画はこちら↓

 

緊迫感が伝わってきます!そしてDVDの発売についても調べてみました。

 

DVDは2019年7月24日に発売されていました!

 

 

そして動画配信はこちらで観られるようです。

 

FDOでは動画配信されていました。

 

UNEXTでも動画配信していました。

 

Huluでは動画配信されていませんでした。

 

music.jpでは動画配信がありました。

 

dTVでも動画配信されてました。

 

本日のまとめ!

 

映画『サムライマラソン』!気になる「行きはマラソン、帰りは戦」というただではすまない”安政遠足”の行方!

 

豪華な俳優陣たちの演技と、監督の言う、「身体的表現力と映像の力を最大限に生かした作品作り」にも大注目ですね!!

 

映画館で観た方も、初めての方も楽しめる映画だと思います♪

-VOD, 映画

Copyright© 愛★Media Show , 2019 All Rights Reserved.