-福岡発、映画、ドラマ、トレンド情報の発信源!-

愛★Media Show

映画

映画ブルーアワーにぶっ飛ばす原作やあらすじネタバレ!試写会感想や評判が気になる!

投稿日:

 

夏帆主演!日韓の女優が共演した30歳女性の自分探しの旅!

 

映画ブルーアワーにぶっ飛ばすについて詳しく調べてみました!

 

原作やあらすじネタバレ!試写会感想や評判についても詳しくお伝えしていきます。

映画ブルーアワーにぶっ飛ばすwiki情報

タイトル:映画ブルーアワーにぶっ飛ばす
公開日:2019年10月11日
監督、脚本:箱田優子
主題歌:鹿の一族「清く、ただしく」
キャスト
夏帆
シム・ウンギョン
渡辺大知
黒田大輔
上杉美風
小野敦子
島田久作
伊藤沙莉
高山のえみ
ユースケ・サンタマリア
でんでん
南果歩

 

本日ご紹介するのは映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」です。

 

夏帆さん、シム・ウンギョンさん日韓実力派女優の共演作!

 

監督は今作がデビュー作となる箱根優子監督

 

「TSUTAYA CREATOR'S PROGRAM FILM2016」で審査員特別賞受賞の企画を映画化した、オリジナルストーリー!

 

日本公開前から既に海外の複数の映画祭で受賞、正式出品が続いている話題作です!

 

一体どのような内容になっているのか調査してみます

 

 

映画ブルーアワーにぶっ飛ばすの原作のあらすじやネタバレ情報が気になる!

 

映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」「TSUTAYA CREATOR'S PROGRAM FILM2016」審査員特別賞を受賞した箱田優子監督の初作品です。

 

「TSUTAYA CREATOR'S PROGRAM 」は2015年から開催されており、今年で5年目を迎える映像クリエイターと作品企画の発掘プログラムです。

 

これまでに「嘘を愛する女(2018)」「ルームロンダリング(2018)」が全国公開されています!

 

 

今作は既に、上海国際映画祭でアジア新人部門・最優秀監督賞を、ドイツ日本映画祭では審査員スペシャルメンションを受賞!

https://twitter.com/bluehour_movie/status/1142198396083560448

 

 

更に、香港国際映画祭、台北映画祭、ニューヨークJAPAN CUTS正式出品されています!

 

一体どのようなあらすじなのでしょうか、ネタバレしちゃいましょう!

 

30歳の砂田はCMディレクターとして東京で働いています。

 

仕事に明け暮れ、プライベートでは理解のある夫がいて、一見充実した生活を送っているかのように見える砂田。

 

実は口を開けば不満ばかり、心は荒みきっていました。

 

そんなある日、祖母の見舞いに行くため大嫌いな故郷の茨城へ帰ることになりました。

 

そこで砂田は明るく自由奔放な友人・清浦を連れていくことにしたのです。

 

道中は普段同様の他愛ない話をしながら茨城へ向かう2人でしたが、清浦を連れていくのはある理由があったのでした...

 

 

映画ブルーアワーにぶっ飛ばすのキャストや主題歌をご紹介!

 

それでは映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」のキャストを見ていきましょう!

 

夏帆さん/砂田役

 

「天然コケッコー(2007)」では日本アカデミー賞では新人俳優賞を、「海街Diary(2015)」では日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しています。

 

他にもドラマや舞台、モデル等多方面で活躍しています。

 

「天然コケッコー」はこちら↓

「海街Diary」こちら↓

 

シム・ウンギョンさん/清浦役

 


2004年から韓国で子役として活躍されています。

 

日本でも公開された映画作品では「王になった男(2013)」「操作された都市(2018)」があります。

 

2017年から日本の芸能事務所に所属し、本格的に日本進出しています。

 

現在公開中の「新聞記者」ではW主演を務めており、今後日本映画への出演も増えそうですね。

 

「王になった男」はこちら↓

「操作された都市」はこちら↓

 

 

渡辺大知/砂田の夫役

俳優デビュー作の「色即ぜねれいしょん(2009)」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、

 

2018年10月に活動休止をしたバンド「黒猫チェルシー」ボーカルとして活躍していました。

 

「色即ぜねれいしょん」はこちら↓

「黒猫チェルシー」ベストアルバムはこちら↓

 

でんでんさん/砂田の父親役

 

 

1981年に俳優デビューし「冷たい熱帯魚(2010)」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞をはじめ、7つの賞を受賞しています。

 

ドラマや映画への出演も多数ある、ベテラン俳優です。

 

「冷たい熱帯魚」はこちら↓

 

南果歩さん/砂田の母親役

 

 

「伽椰子のために(1984)」のオーディションで2000人の中からヒロイン役として芸能界デビュー。

 

「阪急電車 片道15分の奇跡(2011)」「家族X(2011)」へ出演しています。

 

「阪急電車 片道15分の奇跡」はこちら↓

「家族X」はこちら↓

 

豪華なキャストですね~

 

主題歌は2016年に結成された3ピースバンド鹿の一族「清く、ただしく」です。

 

そしてボーカルの松崎ナオさんは作中の音楽も担当されています!

 

https://twitter.com/bluehour_movie/status/1154693738259783680

 

「鹿の一族」CDはこちら↓

 

映画ブルーアワーにぶっ飛ばすの試写会の感想や評判が気になる!

 

映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」楽しみになってきました。

 

それでは、試写会の口コミや感想はどういったものがあるのでしょうか?ツイッターをご紹介します!

 

一見、幸せそう、という状況に共感される方も多いのではないでしょうか?また、砂田とその家族とのやりとりにも注目ですね!

 

仕掛け満載の脚本とは、どういうことなのでしょう?毒舌女子、という感想はポスターからも想像出来そうです!

 

日本では未公開の為、台湾での感想をピックアップします。Google翻訳で和訳した結果を一部ですが紹介します。

 

https://www.instagram.com/p/BzS2--inNWC/?utm_source=ig_web_copy_link

 

【後半は直接最後まで泣いています。私は泣くつもりはありませんでしたが、すべての感情はあまりにも現実的すぎて】のようにコメントされています。

 

気付いたら泣いてしまっていた、ということですね。感情が現実的すぎる、とは30歳女性のリアルが詰まっていそうですね!

 

View this post on Instagram

「最憂愁的清晨,最耀眼的黃昏。」 《清晨天空無限藍》(Blue Hour) / 2019 / 日本 ✏️GRAY - 擁有多部廣告拍攝經歷的日本導演箱田優子,在有點莫名其妙和不可思議的情況下將腦中存放的故事具象化,執導出首部劇情長片《清晨天空無限藍》。本片描述30歲的小砂,是在東京工作的廣告導演,她每天往返於職場和酒場之間,過著不知該落於何處的未知生活。某天在好友小清的陪伴下,她回到心中那又老又窮的茨城老家,面對衰頹的父母、怪異的哥哥與那回不去的從前,這趟返鄉心之旅,究竟會駛向何方? / -以下有雷 / 英文片名「Blue hour」,泛指天空那耀著微光,摸不透是清晨還是黃昏的惆悵時刻,就如人生中無法補捉定位的階段,每天忙得不可開交,卻不知道自己身在何處,不知道自己做得是否有意義。將邁入中壯年的小砂,年紀正值不大不小的時刻,成就面臨不高不低的階段,頓時之間,她無法掌握自己的生命,無法理解存在的意義,她用微笑武裝,假裝自己不曾遇到困境,卻也在被戳破的時刻,不知如何是好的做出連自己都難以相信的舉動。 - 過的頹又何妨,想的喪又怎樣,人生就是這麼的討厭,自己就是這麼的脆弱。影片前半段,鋪滿的日式喜劇風格與精妙音效,我們看著厭世小砂及風趣小清的公路之旅,而在那如同相聲的對話及平和當中,覆蓋著將傾瀉而出的憂愁無奈;小砂腦中不斷閃起的兒時回憶,那奔跑、無盡頭的衝刺,那淡藍時分下迎來的陣風,像是在身旁卻又觸不及的童真,令人不禁懷疑,現在的自己是否真的是從記憶中的「她」成長而來,如果是的話,怎麼我已不像「她」,如果不是的話,那麼我是誰? - 嘻笑聲依稀淡去,影片焦點轉至家庭和成長,從那怪的有趣的哥哥到那面臨死亡依舊疼愛小砂的阿嬤,導演不僅運用最私人的視角回顧過往,更將生活中瑣碎卻深刻的小事成為別離,彷彿在溫柔之中體現不可改變的人生命運。另外,最後結尾那出奇的反轉,乍看之下易讓人感到突兀,但於沈思之後再次審視,反倒成了將影片推上高峰的神來之筆。一直以來小清都像是小砂的對照與目標,小砂妄想著有天能成為她那樣單純、笑看世事的模樣,然而反轉之後我們了解,那一切的樸實與灑脫都深埋於小砂最深層的內心,旅途與救贖並非單純依靠外在賜予,反之是與自我的調解,若最親近的自我能與被遺忘的自我踏上旅途,磨合出的成果也許才是真實的自己。 - 雖說本片在圍繞的主題與情感上較為私人,但赤裸的描寫和角色背後的心境依舊飄來陣陣虛無,那對自身的疏離與密切,不斷挖掘著小砂心房,也深深撫平觀眾對自身的異樣眼光,我們也許懦弱也許無法接受自己,但還未結束的人生何必封閉,世上與你一同面對的人到處都是。《清晨天空無限藍》就如《無法成為野獸的我們》踏入《茲瑪藍》,那在社會壓抑之下偽裝自我的笑顏和那逐漸流去的生命本質,該如何找回、該如何面對是一大課題,然而最終加點《歡迎光臨奇幻城堡》的奇幻與殘酷之後,即便得不到立即的解答卻開啟了嶄新的自我。 - 《清晨天空無限藍》以旁觀者的角度再次觀看自己的生長記憶,那瑣碎的、可愛的、厭惡的與無法捨棄的,它的私人、它的共鳴無形滲於內心,在夏日鄉間的焦灼味逝去之後,我們不自覺地感到心痛,流下淚珠。若你發現面對不了自己,請不要忘記自己,也許未來的某一天你會推開心中那扇門,看見光彩的童真與未來就在其中。 - 「迪士尼就在心中,只是我們不曾推開那扇門。」 - 推薦指數 ⭐️9.2/10 台灣上映日期:2019 台北電影節 台灣代理片商:2019 台北電影節 - #清晨天空無限藍 #在藍色時分飛翔 #在蓝色时分飞翔 #ブルーアワーにぶっ飛ばす #箱田優子 #夏帆 #沈恩京 #日本 #電影 #台北電影節 #躲在電影裡的詩人 #Burûawânibuttobasu #BlueHour #YukoHakota #Denden #Kaho #DaisukeKuroda #KahoMinami #EunkyungShim #cinema #film #movie #cinemawriter_1

A post shared by 躲在電影裡的詩人 (@cinemawriter_1) on

 

もう一つ、和訳の一部ですが紹介します。

 

【映画の前半では、和風のコメディスタイルと微妙な効果音でいっぱいで~略~私たちは無意識のうちに心痛を感じ、涙を流しました。】のようにコメントされています。

 

前半がコメディであるからこ、後半に涙を流す展開があるなんて気になります!

 

 

映画ブルーアワーにぶっ飛ばすの予告動画の感想に前売り特典をご紹介!

 

それでは映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」予告動画を見てみましょう~

 

 

「私を好きって人、好きじゃない」「全っ然寂しくなくて寂しい」等、気になるセリフが散りばめられています。

 

公開が楽しみになってきましたね!

 

前売り券はただ今発売中です!

 

前売り特典としてオリジナルステッカー限定数あるとのことですので、手に入れたい方はお早めに!

https://twitter.com/bluehour_movie/status/1139443911670165504

 

映画ブルーアワーにぶっ飛ばすの舞台挨拶の予定や公開日はいつ?

 

映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」舞台挨拶の予定はあるのでしょうか?現時点では情報は掴めていません

 

舞台挨拶が予定されているとすれば、公開初日ではないでしょうか??

 

映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」2019年10月11日よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開となっています!

 

 

本日のまとめ

 

本日は映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」をご紹介しました。

 

海外の映画祭では正式出品されたり、賞を受賞するなど話題になっています!

 

夏帆さん、シム・ウンギョンさん、箱田優子監督の3人は仲も良さそうですね!撮影以外にも食事をするなど、多くの時間を過ごしたようですよ。公開を楽しみに待ちたいです

-映画

Copyright© 愛★Media Show , 2019 All Rights Reserved.